バイク査定実職はなし

人気記事ランキング

ホーム > キスマイグッズ買取 > 「三宅健のラヂオ」(bayfm)、キスマイコンの感想は「Snow Man佐久間がしつこいの極み!」

「三宅健のラヂオ」(bayfm)、キスマイコンの感想は「Snow Man佐久間がしつこいの極み!」

「三宅健のラヂオ」(bayfm)、キスマイコンの感想は「Snow Man佐久間がしつこいの極み!」


8月23日放送の「三宅健のラヂオ」(bayfm)で、Kis-My-Ft2のコンサートの感想が紹介されました。


8月7日、キスマイの東京ドーム公演を見に行った三宅くん。

キスマイファンだというリスナーから、「三宅くんから見たキスマイはどうでしたか?かっこよかったですか?けど本当はキスマイよりSnow Man目当てだったりしますか?」といったお便りが寄せられました。


「滝沢歌舞伎2016」での共演以来、Snow Man、特に佐久間大介くんに懐かれている?三宅くん。今回のキスマイのツアーにSnow Manがバックで付いていましたが、三宅くんは「いやいやいやSnow Manは別に…」と「目当て」であることを否定。


「Snow Manが目的ってわけでもなくて、単純にチーフマネージャーさんが一緒で、Snow Manも頑張ってるから見に来てやってよって言われて。僕は確か自分の記憶ではキスマイのコンサートは見たことはなくて、実際には。で、見てみようかなと思って行った」と、経緯を明かしました。

そんな三宅くんですが、当日はやっぱり佐久間くんに絡まれた模様で、


「何ちゃらノーマンの何ちゃらくまくんがはしゃいで、もうしつこいの極みですよね。5分前だっていうのに、トイレも案内してもらわなくても場所も知ってるのにわざわざ連れ立って」と、何とトイレにまで付いてきたとか。


本番中の佐久間くんにもちょっと困らされたといいます。


「そっとしておいてほしいわけこっちは、そっと見てるんだからさ。何か手とかをこっちに振ってきたりとかさ、アピールをしてくるんだよ。それを知らぬ存ぜぬでこっちはやり過ごしたいところだけどさ、あまりにもしつこいからさ、かと言って腕を上げるまでもないって思うから、とりあえずわかりました、わかりましたってこっちはうなずいてましたけど、毎回こっちのベンチ側に来るたんびにしつこくアピールしてきて」


戸惑い気味の三宅くんですが、コンサート自体は楽しめたようです。


「ローラースケートで通路のバンクになってるところとかをウィン!って行くのがさ、あれかっこいいよね。宮田(俊哉)くんとかさ、あと横尾(渉)くんとか、舞祭組チームたちすらちょっとかっこよく見えてくるみたいな魔法だよね」と、後輩をイジりながらも絶賛。


「ローラー履いてあんな自由自在に縦横無尽に滑れると、かっこよく見えてくるんだな人って、って思った。ローラー効果、まさに。ローラースケートやっといてよかったじゃんって思った。彼らの一つの強みでもあるわけだからよかったよ」と、ローラースケートで頑張ってきたキスマイを評価していました。


三宅くんが気になったというのはコンサートの後半。Hey! Say! JUMPの知念侑李くんと並んで見ていたそうですが、「隣りにいた知念ともうるさいなってずっと言ってたんだけど、後半の方でまるまる一曲特効と火、すごかったよ」。


「火のオンパレードと、特効のオンパレードですよ。またあれがうるさいんだよ、すごい近くにいるからうるさくてさ、もう耳がおかしくなるんじゃないかと思って。また来んのかよー、また鳴んのかよみたいな。心臓に悪いんだよね」と小言を言いつつ、「圧巻だけどね。あれはすごいよ」と圧倒もされたようです。


コンサート中にはSnow Manがパフォーマンスを披露する場面もありましたが、「歌わせてもらってありがたいよ。キスマイ様様だよな。感謝しろっつーんだよな。その場を借りて歌わさせてもらってるっていう感謝を持ってほしいよね。僕のコンサートじゃないんだけどさ。いちJr.だよ?」と、先輩ならではの意見も。


そんな三宅くんもトータルでは大満足だったようで、「何か若いなって感じ。私が失ってきたもの全てを持っているという。素晴らしいことですよ」と、キスマイとSnow Manのフレッシュさに感心していました。



キスマイグッズ買取